前へ
次へ

美容整形に対する考え方の移り変わり

美容整形は体のきれいさ、外観を施術します。
病気の体を治療するのではなく、健康な体を施術する審美目的の診療科目になります。
そのため、施術、治療にかかる費用は公的な保険の適用外となり、全て自己負担になります。
まぶたを二重にしたり、鼻を高くしたりします。
顎を削るといった外科的な施術をするケースもあります。
高額なケースですと数百万円かかるケースも珍しくありません。
昔は、親の体に傷をつけるという考えが多くの人にあったので、美容整形の手術をする人もほとんどいませんでした。
しかし、近年は、海外の人のケースもあり、考え方が変わりつつあります。
就職などで女性も男性も有利になるケースがある、異性に持てるようになるとのことから少しなら行ってもいいのではなんて考えの人もいます。
また、親は親、自分は自分と考えたり、自分の体の形は自分の努力で変えるには限界があるので、努力でもなんともならない部分は手術という人も出てきました。

Page Top